HOME>ホットトピックス>自分の歯で食べるのと同じ感覚をもう一度蘇らせたい

残存歯を活かすこともできる

歯科衛生士

箕面市は大阪北部に位置する街で高級住宅街が広がっていることで知られます。比較的高年齢の方の住人が多く、収入面でも安定している層がメインです。そのような背景事情が存在することが関係して、インプラントへの需要が高いエリアのひとつといえます。そもそもインプラントとは医療器材をからだに移植することを意味していましたが、自然歯を喪失したあとに人工歯根を埋め込む術式のことを含意することが多くなり、現在では入れ歯に変る治療法として高い知名度を誇ります。他の治療と異なって周囲の歯を削ったりすることがなく、機能的にも審美的にも優れているのがメリットです。

どういう構造になっているか

治療器具

箕面市にお住まいの方で、インプラントと耳にすると何となくイメージできるかもしれませんが、具体的にどのような構造なのか御存知でしょうか。基礎になるのは歯を失ったあとの部位に移植する人工歯根、その上に取り付けるアタッチメント、そして人工歯の3つの構造で構成されています。骨にしっかり人工歯根を埋め込むことで、あたかも自分の歯を取り戻した感覚で、食事を楽しむことを可能にします。

ブリッジや入れ歯との違い

歯医者

箕面市で歯を失った方は、従来はブリッジで対処していたのではないでしょうか。インプラントとの違いは、ブリッジは残存歯を大きく削って、その上に連結させたかぶせモノを装着する治療です。入れ歯よりは違和感が少ないものの、残っている歯の部分に負担が大きく、場合によっては破損したり歯が割れたりしてしまうリスクを抱えています。

広告募集中